赤字・滞納があってもファクタリングは利用できますが、無論条件があります。

ファクタリングが滞納・赤字がある場合でも利用できるのは何故?

MENU

赤字や滞納があっても利用可能な理由

 

ファクタリングの魅力は赤字決算や税金滞納があっても資金調達できることです。

 

融資にかかる利息よりファクタリング手数料の方が高いですが、税金対策と資金調達を同時にできるので、コスト的なメリットを感じてファクタリングを愛用する経営者は多数います

 

赤字や滞納さらに創業間もないベンチャー企業でも資金調達できる仕組みは融資ではなく持っている売掛債権を売却するからです。

 

似ているサービスで売掛金担保融資というものがありますが、コチラは赤字だと利用できないことがほとんどです。

 

それに対してファクタリングは契約をすれば売掛債権の受け取る権利がファクタリング業者に移るため、申込企業の財務体質が悪くても、お金を支払う売掛先の信頼性が高ければ利用できる仕組みです。

 

金銭消費貸借と売買契約の違い(ビジネスローン・銀行融資は金銭消費貸借契約、ファクタリングは売買契約)

 

 

売掛先の審査内容

 

申込企業ではなく売掛先の審査を重要視されます。

 

3社間ファクタリングや売掛金を払う側の元請け会社の意思でファクタリングを希望する場合は、決算書などを提出して審査が行われます。

 

2社間ファクタリングの場合は、売掛先には通知せずに債権譲渡を行うため、決算書などの関連書類をも出してもらうことはできません。

 

つまり、2社間ファクタリングの売掛先に対しての審査では、赤字や税金の滞納状況などを確認する方法がありません

 

上場企業の場合は決算資料を公開していますが、上場するだけの大企業であれば赤字であっても倒産寸前の状態でなければ問題ありません

 

売掛先の審査で見るのは会社の規模と運営実績、業種などです。
売掛先が創業まもない会社だった場合は、ファクタリングでも審査に通らない可能性があります

 

業界や事業規模に見合う相応の資本金と安定した運営期間、倒産する企業の多い業種かどうかなどをチェックされ、ホームページの内容なども確認されます。

 

ファクタリングは申込企業が赤字や滞納でも利用できますが、売掛先の審査次第では申込業者が黒字で財務体質の良い場合でも審査に落ちる場合もあります。

 

 

 

財政難の会社は融通がきかない

 

2社間ファクタリングの場合は、万一申込をした企業が倒産したときにファクタリング業者と他の融資をしている金融業者が資産の差し押さえを巡りトラブルになるケースがあります。

 

そこでファクタリング業者は2社間ファクタリングの場合に、法的有利な立場になることを目的に債権譲渡登記を行います

 

交渉次第では登記なしのファクタリングに対応してもらえることもありますが、財政難の会社は登記必須になることがほとんどです。

 

ファクタリングは赤字や税金滞納、債務超過OKと言いながら、申込企業の決算書の提出を義務付けています

 

売掛債権に対しての審査に問題なければ利用はできますが、申込企業の財務体質が悪いと慎重な対応になり、手数料や債権譲渡登記、審査時間で健全な財務体制の会社に比べて不利な部分も多く、融通がききにくいです。