ファクタリングは融資と違い、売掛先が審査の対象となります。

ファクタリングは融資より審査が通りやすい?気になる理由に迫る

MENU

ファクタリングの審査基準

ファクタリングの審査基準とは

ファクタリングを利用すれば、金融機関の審査が通らなかった方でも資金調達が可能になるかもしれません。
利用のし易さから中小企業で人気急上昇の「ファクタリング」ですが、審査ではどの部分が重要視されているのでしょうか。

 

ファクタリングの審査は、融資とは全く異なる基準で行われているため、利用する前に把握しておく必要があります。

 

今回は審査対象の違いを踏まえて、ファクタリングの審査基準をまとめています。
この機会に審査基準を押さえておきましょう。

 

 

融資とファクタリングの審査の違い

金融機関からの融資とファクタリングの審査は着目する項目が違います。

 

どちらも資金調達の方法ではありますが、返済を行う企業が異なります。
融資の場合は、申し込みをした企業が返済義務を負うことになります。
金融機関の審査基準は厳しく、経営状態や支払いに関する情報を厳しく追及されます。
仮に入金の遅延をしてしまうと審査の通過が更に難しくなります。

 

一方ファクタリングの場合は、申し込みをした企業から売掛債権を買い取って入金をしますが、返済は売掛先が担います。
そのため、審査では実際に支払いを行う売掛先の信用が重要視されます。
審査にあまり影響しないため利用した企業の信用力が乏しい場合でも資金調達が可能になります。

 

融資とファクタリングの審査基準の違いは、返済義務を負う対象が資金調達を行う企業か売掛先かによるところが大きいです。

 

基準1 売掛先の信用

ファクタリングサービスを運営していく中で最も痛手となるのは、売掛先が倒産してしまい回収できなくなることです。
損失によるリスクを回避するために、ファクタリングの審査を行う際は売掛先の信用情報に重きを置いています。
審査では売掛先から回収が見込めるかどうかを計るため、売掛先の経営状態や借入の履歴を調べます。

 

回収の面で考えると、売掛先の企業がきちんと取引を行えていて売上が安定していることが理想と言えます。
しかし、利益が上がっておらず経営に難がある状態であったり、借入の返済に遅れが生じていたりする場合は、回収が厳しいと取られ審査に著しく影響します。

 

ファクタリングを利用している会社によって売掛債権が偽造される事例が出ており、売掛先の情報だけでなく取引そのものがしっかり行われたものであるかも審査の対象となっています。

 

審査の条件は様々あるため難しく聞こえますが、たとえ小規模であっても毎月の入金を行えていて売上を上げていれば審査の心配はありません。

 

 

基準2 売掛金を回収するまでの期間

ファクタリング会社にとって契約を交わしてから、売掛金を回収するまでの期間が長い場合は、それだけ損失のリスクが高くなることを意味します。
そのため、半年先に回収予定の売掛金より来月には回収できる売掛金を買い取ったほうが、当然リスクが低くなるため審査にもプラスに働きます。

 

 

基準3 ファクタリング利用会社の信用

これまではファクタリングの審査において、売掛先の信用が重視されるとお話してきました。

 

しかし、利用するサービスによっては利用会社も審査の対象となります。

 

具体的には2社間ファクタリングが挙げられます。
2社間ファクタリングでは、取引先に対して通知を行なわないため、売掛金の支払いは一度利用会社を挟むことになります。
しかし、経営者が入金された売掛金を支払いや返済に充ててしまうケースが多発しています。

 

そのため審査の際は、利用会社の経営状態や他の取引への支払い状況の他に、経営者のモラルを審査項目にしています。

 

ファクタリングの手数料相場