建設業と医療業では3社間ファクタリングが主流となっています。

建設業・医療業などでファクタリングが承認問題がない理由

MENU

建設業や医療業で有効な理由

 

ファクタリングは建設業と医療業の利用事例が多く、こうした業界に特化したファクタリング業者も多数あります。

 

どちらも共通しているのは3社間ファクタリングが主流になっている点一般的な企業の売掛金よりも支払い日が遅い点です。

 

ファクタリングは2社間より3社間の方が手数料が安いです。

 

3社間は日本でファクタリングの浸透していない影響で、取引先の承諾が問題になりますが、建設業と医療業では3社間ファクタリングをするにあたって弊害がありません

 

 

建設業は支払いサイクルが長くて1つの現場に複数の業者が絡む

 

ビルやマンション、その他の施設や道路を作る大きな建設現場は、大企業(ゼネコンなど)が仕事を請け負い、多数の外注業者の協力を得て仕事を進めていきます。

 

元請け会社自体はある程度の前金などを受け取っていますが、大きな収入の入ってくるのは完成してからです。

 

大企業は回収が半年や1年後になっても耐えることはできますし、仕事を受注していれば銀行からお金を借りるのも簡単です。

 

それに対して、下請け企業の場合は仕事をしてお金の入ってくるタイミングが遅いと資金繰りが悪くなってしまいます。

 

業務内容によっては重機をリースしたり材料を用意することもあるので大きな負担です。そこで元請け会社はファクタリングによる資金調達を認めて下請け会社の資金繰り問題を解決しています。

 

大きな現場を手がけるゼネコンは企業の信頼性が高くて、低い手数料でのファクタリング契約を結べます。

 

現場によっては提携しているファクタリング業者が特別条件で対応してくれる場合もあります

 

支払い日の遅い中で、安い手数料で3社間ファクタリングをできれば、銀行から借入をするよりもコスト的なメリットの発生する場合もあります。

 

 

医療業は保険収入をファクタリングしている

 

医療業界

 

クリニックの場合は保険診療がメインで普通の人であれば3割は現金で窓口徴収。
残りの7割は患者の加入している健康保険組合や国保などから徴収します。

 

健康保険は基本的に翌々月払いになります。
クリニックのほかにも調剤薬局の調剤報酬債権も健康保険から支払われています。
業種や保険のカテゴリーは違いますが介護保険を扱う業種も同じ特性を持っています。

 

相手が健康保険や介護保険などの公的機関や大きな組合であれば、医療債権を回収できなくなる理由はありません。

 

また、医療保険と介護保険は国によって定められた制度です。

 

認可を受けた病院などが適切な手続きを行えば誰でも利用できる決まりになっていて、当然ファクタリングを利用しても問題ありません。

 

3社間ファクタリングをするにあたって、取引先の信用を落とすリスクがないのが医療業のメリットです。

 

病院や薬局でも耳鼻科だったら、冬から花粉症シーズンの春までが忙しくて夏になると暇になる特性があります。

 

支払い日が遅くて、安い手数料でリスクなしに3社間ファクタリングを利用できるので、医療業界はファクタリングとの相性がよくて広く普及しています