ファクタリングと通常の売掛債権の会計を比較してみましたのでご覧ください。

ファクタリングによる負債・資産のオフバランス化

MENU

貸借対照表に及ぼす効果

 

企業の財務体制を示す指標として重要なのが貸借対照表です。
ファクタリングはオフバランス化によって貸借対照表に良い影響を与えられるメリットがあります。

 

ただし、無条件で財務体制が健全化されるのではなく、悪質業者の法外な手数料を取られると、手数料の負担が大きく財務体制が悪くなってしまうケースもあります。

 

 

ファクタリングによるオフバランス化とは

 

事業運営に影響を与えている資産・負債をバランスシートの外に出して計上することです。

 

会計上のリスクがバランスシートに含まれないことで企業価値を高めて銀行融資や投資家からの出資などを有利にできるメリットがあります。

 

オフバランス化は資産・負債をオフする(消す)ことが語源になっています。

 

通常の売掛債権による取引とファクタリングを利用した場合の比較をご覧ください。

 

売掛債権発生時

売上:500万円
売掛金:500万円

この場合、売掛金は会社の資産と負債の双方に仕訳されます。手元には500万円が入ってきていないのに資産は500万円増えて、売掛金は回収できていない負債として扱われます。
つまり、一時的にバランスシートの資産の部と負債の部の双方の金額が大きくなります。

 

ファクタリング契約を結んだ(売掛債権譲渡)場合

未収入金:500万円
売掛金:500万円

仕訳で変わるのは、売上から未収入金になります。同じことのように感じるかもしれないですが、売掛債権としての500万円は負債から流動資産になります。

 

資産には500万円を計上できるので、現金受領したのと同じようなバランスシートの状態にできます。

 

ファクタリングによって買取された金額を支払われた場合

現金:450万円(手数料10%)
未収入金:500万円

上記は手数料10%で買取してもらった場合で、売掛債権の100%の掛け目で計算しています。

 

実際のファクタリングは買い目が80~90%になるのが相場ですが、ここでは分かりやすい事例で紹介しています。

 

バランスシート上の問題では、負債の部に計上する科目はなく、現金として資産の部に450万円計上できます。

 

現金収入に比べて売上は手数料分の50万円減額されますが、通常の売掛金として処理するよりもオフバランス化でバランスシートは健全化されます。

 

 

 

どんな売掛債権でも買取してくれるの?

 

疑問を持つ人

ファクタリングは基本的に未払いになっている不良債権については買取してくれません

 

過去の取引などを含めて、支払われる見込みの債権に対して安い手数料で資金調達を可能にしています

 

未払の不良債権であれば専門の債権回収業者に売却することも可能です。

 

ファクタリングとは違い、売掛債権から50%以上減額されるので売上は大きく下がってしまいますが、長期間不良債権を抱えてバランスシートを悪化させるよりかは、リセットした方が財政面のメリットは出ます。

 

ファクタリングにおいては、支払いは見込めるけど支払い日の遅いものも利用する企業から不良債権と呼ばれることもあります。

 

支払い日が遅いと、それだけバランスシートに負債の計上をする期間が増えることになります。

 

バランスシートを健全化させる意味でも、支払い日の遅い売掛債権を買取してもらった方がオフバランス化によるメリットは大きいです。

 

悪質なファクタリング業者に注意!